ホームページの運営は、社外にサポートを委託する。

大きな会社のように、
社内にホームページの運営を業務とする部署があり、
その業務だけのために給料を払っているのなら別です。


小規模企業で、
ホームページ運営だけで、給料を払ってる社員がいる会社なんて、
まず、ありません。


だいたいが、本来の業務があり、
・インターネットのことをよく知ってそうな人
・パソコンに強そうな人
が、社長から「キミが、ホームページ担当ね」なんて、気軽に兼任させられます。


本来の業務+ホームページ担当。


ホームページのことに関わってると、本来すべき業務がおろそかになります。
特に、ホームページ作りが好きな人を担当にしてしまうと、
もう、ホームページにのめり込み、
趣味と自己満足の世界にまっしぐらに進んでいきます。


やっぱり、メインは、
本来の業務をきっちりとやってもらわないと会社は回りません。
すると、今度は、ホームページへの関心は薄れ、
更新もままならず、放置状態になります。


要するに、本来の業務に、
ホームページを運営させるための担当を兼任させることは
なかなか、難しいということです。



ホームページって、軽く考えてる社長が多いです。


会社のホームページは、自社の判断で自由に使える『自社メディア』そのものです。
その自社メディアで新商品の案内をしたり、販売をしたりできます。
ですから、会社のホームページは、
24時間働く、広報マンであり、営業マンです。


会社のホームページは、自社のマーケティング戦略と結び付いています。
当然、ホームページ担当者も、自社のマーケティング戦略を
理解していなければなりません。
また、マーケティングそのものの勉強も必要です。


ホームページの世界は、
“昨年勉強したから、もう、大丈夫”ってことはありません。
ホームページの見せ方、人がそこに求めているもの、スマホ対応などなど
知っておかなければならないことがいっぱいあります。
それは、日に日に変わります。
その動向を常に追っかけなければなりません。


そして、そこに、サーバーや独自ドメインなどの
管理も加わってきます。


さて、これらのことを
本来の業務を抱えながら、
ホームページ担当者に指名した人に任せることができますか?
任せたとしても、
これらの業務を遂行できますか?


答えはもう出てますよね。
“NO(ノ―)”です。


少ない人数で、多くの業務をこなさなければならない小規模企業にとって
これらの業務は、ホームページ担当者の重荷になってしまうだけです。


でも、これからの会社は、
ホームページも持たないと世の中から置いて行かれます
では、どうすればいいのか?


“サポートしてくれる人を社外に持つ”ことです。


ホームページ担当者の、
ホームページにかかわる業務を社外に振ることです。
ホームページ担当者の仕事を軽減してもらうことです。
専門知識も、動向を追うことも、管理も、メンテナンスも
ホームページ制作会社などに外部委託し、アドバイスももらう。


小規模企業が円滑に自社ホームページを活用するには、
この方法がベストです。
これなら、ホームページ担当者は、本来の業務に専念しながら、
空いた時間で手軽にホームページを運営できます。


何でも自社でやってしまう。
これって、小規模企業にとっては、デメリットの方が多いです。

(む)

おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 06-6319-8040

お問い合わせ