ホームページは、事業活動をサポートしてくれる。

“ホームページねぇ~。作ってもあんまり意味がないしな~。”


会社のホームページを持っていない社長さんから、

こんな言葉を耳にすることがあります。


“意味がないしな~”

なんて、聞くと、凄くガッカリします。



ホームページは、

見込み客との出会いがあります。

見ず知らずの人から注文も入ってきます。

見えないところで、しかも、24時間、働いてくれます。

ホームページを売上げUPに結び付けたい会社の社長からは

“意味がないしな~”

なんて、言葉は出てきません。



だいたいが、

“ホームページは会社案内でしょ?”

と口にされる社長が、

“ホームページを作っても、意味がない”

と思われてます。しかも、

“ホームページなんて、誰も見ないと思うけどなぁ”

なんて、そんなことも言われます。

今のインターネット社会にあって、

すべてに、否定的。



ホントに、“意味がなくて”、“誰も見ない”の?

そんなことないですよ。

それは、その社長さんの思いこみです。




その社長の会社のことを、

何をしてる会社なの?

具体的にどんな仕事をしてるの?

社長ってどんな人?

どこでその会社はやってるの?

人は、ネットの中で、その会社のことをじっくり調べてます。

そんな時、ホームページは「24時間案内センター」の役割を担っています。




それと、今までに出会った相手に、

自社の商売のことを、伝えきれなかった時ってなかったですか?

時間が無くて、話の途中で終わったり、

相手にその気がなくて、話そうにも話せなかったり、

そんな時、ホームページにしっかり情報を載せておけば、

何も、1~10まで話さなくても、

“ホームページを見といてね。”

の一言で済みます。

また、相手も興味があれば、

いつでも、気の向いた時に、ホームページで確認できます。

それこそ、ホームページはあなたの「代弁者」になってくれます。




また、単に、会社の情報公開だけではなく、

取扱う商品のカタログや取扱説明書などの資料を

ホームページから自由に取り出せるようにしておくと、

営業マンにとっても、お客さんにとっても、

ホームページは、便利な存在になります。

それは、「カタログセンター」であり、「資料センター」にもなります。




ホームページの活用方法がイメージできないから

“意味がない”

“誰も見ない”

と簡単に口にされるのかもしれません。



ホームページは、事業活動をサポートしてくれる便利なツールです。

その活用範囲は、非常に幅広いと思います。

(む)


おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 050-3816-4322

お問い合わせ