どう思っても、損してる。

“今どき、ホームページを持たない中小企業って、あるの?”

って、先日会った人が言っていました。



この人から見れば、

“会社はホームページを持っていて当然”

と思っているのでしょう。


大企業は、ほぼ100%ホームページを持っているでしょう。

中企業も、ほとんどホームページを持っているでしょう。

小企業になると、中企業よりもホームページを持っている会社が少なくなり、

零細企業になると、それよりも、もっと少なくなる。

私が見る限りでは、そんな感じがします。


小規模零細企業ほど、ホームページを持って、それをもっと活用しなければならないのに、

現実は、その企業クラスのホームページへの意識が低く、

ホームページはまだまだ普及していないように感じます。



会社のホームページがないからって

事業ができないわけではありません。

会社が今すぐに倒産するわけでもありません。

“だったら、別に会社にホームページがなくてもいいじゃない”

って、中にはそんな社長もいるかもしれません。


でもね、会社の規模はともかくとして、

今のネット社会、情報社会にあって、

ホームページがない会社は、本当に、本当に不利です。

ホームページがないことのデメリットがあり過ぎです。

このことは、今までに何度も、何度もお話ししてきました。

“また、この話か”

と思われるかもしれませんが、何度言っても言い足りないぐらいです。



例えば、

ネット社会、情報社会に、ホームページがないなんて、イメージが悪いです。

世の中が、「会社がホームページを持っているのが普通」という感覚になっている時代に、

その会社のホームページがないとなると、

・情報公開できない理由でもあるの?

・今のネット社会に、ホームページもないの?

と、ブラック企業ではないかと勘繰られたり、ITリテラシーを問われたりと

マイナスイメージしか持たれません。



そう思われると、求人採用活動にも大きな影響を与えてしまいます。

応募する方も、ホームページで会社の情報公開をしていない会社って、

やっぱり、不安で応募しにくいです。

応募者から選ばれない会社へと選別されてしまいます。



選ばれないのは、求人応募者からだけではありません。

お客さんからも選ばれません。

ある同じ商品を扱う「ホームページがある会社」と「ホームページがない会社」があるとします。

どちらかの会社からその商品を購入するとしたら

あなたなら、どちらの会社を選びますか?

おそらく、商品情報も会社情報も取れる前者を選ぶでしょう。

ひょっとしたら、本当は、後者の方が、お客様想いの会社かもしれません。

でも、人は、『安心感』からホームページがある前者の会社を選んでしまいます。

ホームページがあるだけで、情報公開されているだけで、

それが、選ばれる判断材料になってしまいます。

そう思うと、「ホームページがない会社」って損してますよね。



まだまだ、他にもホームページを持たないデメリットはありますが、

お客さんに、会社の良い「イメージ」や「安心感」を持ってもらい

自分の会社を『選んでもらう』ためにも、

会社のホームページは、事業継続する上で最低限必要なものだと思います。

ホームページでモノを売る・儲ける、それ以前の問題です。




(む)


おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 050-3816-4322

お問い合わせ