新規ビジネスでは、ホームページは最後です。

「先月にも、こういう人いてたよなぁ~」と思いながら、

12月のブログを見返してみると、27日付のブログに書いていました。

その中で言ってることと同じことが、また、ありました。



2、3日前、あるサンプルとなるネットショップのホームページアドレスと一緒に、

こんな質問がメールで来ました。


“こんな感じのホームページをつくるとしたら、いくらかかりますか?”



「こんな感じ」って言われても、

その人が、「どんな感じ」を頭の中にイメージしているのか、

「感じ」って言われても、なかなか難しいですよね。

そもそも、うちの会社は、月々定額の会費制(作成費用ぶっ込み)で引き受けますから、

いくら?と言われても、見積りはありませんし、

引き受けるか、引き受けないか、のどちらかなんですけど・・・・



まぁ、もう少し、具体的に知りたかったので

その人に質問をしたところ、

ある商品の“物販をしたい”ということだけは、わかりました。

そこから突っ込んで話をお聞きすると、

“まだ、ビジネスが具体化していません”

ということでした。



これは、特に、新規ビジネスで、物販をしたい人によくありがちなことです。

自分がおしゃれで、かっこいいと思う他人のホームページから、

これからつくりたいホームページのイメージを目いっぱい膨らませている。

まだ、自分のビジネスが具体化する前から。



お店のイメージばかりが先行して、

肝心のビジネスプランが置き去り状態になってしまっている。

逆ですよ、逆。

まずは、これからやるビジネスをしっかりと考える。

それから、それをどの媒体で伝えるのか。

そして、その媒体でどういう伝え方をするのか。



今はネット社会ですから、おそらく、

ホームページは、自分のビジネスを伝える媒体のひとつになるでしょう。

自分のビジネスが具体化した時に、

果たして、最初にイメージを膨らませていたホームページが、

あなたのビジネスに合っているかということです。



最初から、他人のホームページを参考に、

自分のホームページのイメージを膨らませているうちは、

あなたがこれから行うビジネスが、趣味の延長線上にあるようなものです。



まずは、しっかりと自分のビジネスを考えることです。

そのうえで、

そのビジネスをするには、どういうホームページにするのがいいのか。

そのホームページをつくるには、いくらぐらいかかるのか。

と質問し、提案と回答をしてもらうべきです。



(む)


おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 050-3816-4322

お問い合わせ