“とりあえず”は、“とりあえず”で終わってしまう。

“とりあえず、作って欲しい。”

って、ホームページの作成を依頼して来られる会社で、

その“とりあえず”作ってから一向に、前に進まない会社があります。



我々は、作成依頼者からいただいた最低限の中身(コンテンツ)で、

“とりあえず”、ある程度の形にしたホームページを作ります。

次に、その作ったものを、仮オープンでネット上に公開します。

公開されたホームページは、仮オープンですから

当然、ホームページの中身は、まだまだ、不足しています。

公開後も気を緩めずに、引き続き、ホームページの中身を充実していかなければなりません。



我々からすると、“とりあえず”は、

“さぁ、今、スタート地点に立ちました”といった感じです。

でも、作成依頼者のその会社にしてみれば、

“とりあえず、ホームページを作った。やれやれ”といった感じになってしまいます。

そうなると、ひと息ついてしまい、その後の作業が停止してしまうわけです。



“とりあえず”作ったホームページは、あくまでも、「仮」です。

「仮」は、いつまで経っても「仮」のままです。

そのまま放置していると、せっかくのホームページも意味をなしません。

一旦休憩をしてしまうと、重たい腰が上がらなくなります。

“とりあえず” 作ったら、後は、気を緩めずにいっきに仕上げていくことです。

もちろん、我々も、そのためのアドバイスやサポートはしますから。




(む)


おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 050-3816-4322

お問い合わせ