ホームページは作ることが「目的」ではない。

“今どき、ホームページを持っていないと恥ずかしい。”

“周りが持ってるから、うちの会社も持っておかないと・・・。”

いまだに、こういう考えのもとでホームページを作る会社があります。



どういう動機であれ、ホームページの作成依頼をいただけるのは嬉しいことなんですけど、

そういう動機で作成依頼をいただく方には、必ず、最初に次のことをお伝えしています。



“ホームページは「目的」ではなく、「手段」ですよ。”



会社のホームページは、

ある「目的」を達成するための、あくまでも、いち「手段」に過ぎません。

そのある「目的」を達成するためには、

会社には、根本的にマーケティングの考え方が必要となります。

そのマーケティングのもと、

それを実践するためのホームページやSNS・メールなどのネット「手段」があり、

チラシや新聞などのアナログ「手段」があるわけです。

あくまでも、ホームページは、その「手段」の中のひとつに過ぎないということです。



最初は、ホームページを作ることが「目的」であった会社も、

自社のマーケティングを見直し、

ホームページを使って何をすべきかが明確になって来ると、

ホームページへの意識も、取り組む姿勢も、変わってきます。

そうなると、ホームページを活用し出し、

気づくと、ホームページは「手段」になっています。

ホームページは、「目的」を達成するための「手段」と認識できれば、

自社でのホームページの活用方法が、あれよこれよと広がってきます。



今までに接してきたホームページ初心者の会社を見ていると、

ホームページを作ることが「目的」となっている会社に限って、



“何を掲載すればいいのかわからない。掲載することがない”



と同じようなことを言われます。

まさしく、これは、ホームページを作ることが「目的」となっているからです。



くどいようですが、

ホームページは「目的」ではなく、「手段」です。

会社には、マーケティングに基づく戦略があり、それを実践するための「手段」があり、

そして、その「手段」を使って、何をするかです。




(む)


おまけ付きホームページ
株式会社ダイヤルセブン
TEL 050-3816-4322

お問い合わせ